Macルーターのフィルタリング設定を変更する方法

MAC アドレス フィルタリングって何?

MACアドレスフィルタリングは、AtermにMACアドレスを登録したWi-Fi(無線LAN)端末とのみ接続を行えるようにする機能です。 未登録のWi-Fi(無線LAN)端末からは、接続を行えないようにしてセキュリティを高めることができます。 設定手順は、機種によって異なります。2022/02/09MACアドレスフィルタリングの設定方法が知りたい - Atermキャッシュ


WEPかどうか?

[ネットワークと共有センター]から[ワイヤレスネットワークの管理]を開くと、保存された接続先の一覧が表示される。 各接続先を選択すると、セキュリティの項目でWEPなのか、WPA/WPA2なのか、暗号化なしなのかを確認できる。2017/01/16ウチのWi-Fiは安全? 無線LANの通信が暗号化されているかどうかを確認 ...


見えて安心ネット MACアドレスフィルタリング どっち?

従来のMACアドレスフィルタリングは、基本的にすべての端末の接続を拒否した状態で、登録したMACアドレスを持つ端末のみ接続を許可します。 しかし『見えて安心ネット』は、万が一、不正な端末から接続があった際に拒否する形式になります。 動作が正反対になるため、このあたりの実装にも手間がかかりました」とのことだ。2016/11/28「技術」をもっと身近に! NECプラットフォームズが明かす「見え ...


WiFi 制限あり なぜ?

端末やルーターに一時的に不具合が発生している スマホやルーターは、長期間使い続けると一時的に不具合がおこることがあり、それが原因で制限付きアクセス状態になる場合があります。 その場合、端末やルーターを再起動すれば解消されることがほとんどです。2020/02/06Wi-Fiにビックリマークが出る「制限付きアクセス」とは?対処方法を紹介


WiFiの接続制限て何?

通信制限とは、規定データを超えた通信を行なった場合、もしくは短期間に集中してデータ通信を行なった場合に通信速度を制限されることです。 契約プランや内容に応じて通信制限にかかるタイミングや使えるデータ量は異なります。 通信制限にかからないように自分が使えるデータ量を確認することが重要ですね。自宅のWi-Fi 通信制限に掛かった時の対処法 - 縛りなしWiFi


なぜ アクセス制限?

制限付きアクセスと表示される主な原因は以下の6つです。端末やルーターに一時的な不具合がある端末が省電力モードになっているIPアドレスが重複している無線LANの電波が弱い複数の電波が干渉し合っている無線LANルーターのアップデートができていない2020/11/16「制限付きアクセス」表示も大丈夫!6つの原因と解決法を徹底解説