お使いの携帯電話への愛着を減らす方法

スマホの充電何パーセントになったらやる?

スマホはバッテリー残量がゼロになる前に充電を始めましょう。 バッテリー残量がゼロになってから充電をすることはバッテリーへの負荷が高まるため、バッテリーの寿命が短くなってしまいます。 科学的な根拠はありませんが、バッテリー残量が20%のところを目安に充電をするようにしましょう。2019/12/21スマホの正しい充電の仕方|長持ちさせるためにやってはいけない4 ...


節電するにはどうしたらいいですか?

androidの節電対策バッテリーの使用量を確認する 電池使用状態の確認します。 ... 表示画面関連を節電対策する ディスプレイの明るさを設定します。 ... 使ってない機能をオフにする 使っていない各機能をオフにします(使うときにオンにする) ... 機能している無駄なソフトを切る(タスク管理)スマホの節電対策 スマホの初期設定 - スマホの使い方


スマホのバッテリーはどのくらいもつの?

一般的に、リチウムイオン電池は300回の充電で約7~8割、500回の充電で5~7割程度の容量に劣化してしまうといわれています。 完全に充電できなくなるまでバッテリーを使うという場合を除けば、約2~3年でバッテリーの交換を検討したほうが良い時期がくるといえるでしょう。スマホの寿命って何年?充電バッテリーの減りが早くなってきた ...


充電の減りが早いのはなぜ?

バッテリーの減りが早くなる原因のほとんどは、電池の経年劣化によるもの。 電池は消耗品なので、充電をくり返すうちに寿命が短くなっていきます。 また、充電しながらスマホを操作するとバッテリーに負荷がかかり、劣化を早めてしまうこともあるため注意しましょう。2021/02/14スマホ電池の減りが早い原因はコレ!バッテリーを長持ちさせる設定方法


iPhoneの充電の減りが早い なぜ?

減りが早いという症状で最も多いのは「バッテリーの劣化」でしょう。 劣化の原因も色々考えられますが、使用していくうちに自然とバッテリーの性能が落ちていく「経年劣化」や、高温・低温環境下での使用等によってパフォーマンスが落ちてしまうというものがメジャーな例です。2019/07/24充電したiPhoneのバッテリーの減りが早い!異常!原因と対処方法を ...


電池の減りが早いのはどうしたらいい?

スマホの電池の減りが早いとお悩みの方必見! 充電を長持ちさせる方法(iPhone/Android)2-1.画面の輝度(明るさ)を下げる2-2.自動ロック(スリープ)の時間を変更2-3.使用しない機能はすべてOFFにしておく2-4.電池の消費を抑える省電力機能や節電アプリを使用その他のアイテム...スマホの電池の減りが早いとお悩みの方必見!充電を長持ちさせる方法 ...


iPhone バッテリー 何パーセントで交換?

一般的には2年経つと体感として電池の減りが明らかに早くなったと感じる方が多い ようです。 iPhoneの設定からバッテリーの最大容量が見られます。 こちらが80%を下回ったら交換時期となります。【現場の人に聞きました】iPhoneの電池持ちが悪い…そろそろ変え時 ...


スマホのバッテリーが早く無くなるのはなぜ?

スマホの電池が早く減ってしまう原因は スマホの充電がすぐに減ってしまう原因としては、大きく分けて、「充電池の劣化」と「スマホの設定による電池の消耗」の2つが考えられます。2021/02/08スマホの電池があっという間に減ってしまう時の対処方法|原因など ...