ワイヤレス陸上電話はどのように機能しますか

無線従事者 何ができる?

陸上で使用する無線設備(2キロワット以下)、TV基幹放送局(500ワット以下)、レーダー(制限があります。) (アマチュア無線設備の操作もできます。) すべての無線設備の通信操作(一部の無線局には国内通信に限るとの制限があります。) (アマチュア無線設備の操作もできます。)無線従事者Q&A Q1. 無線従事者制度って何? - 総務省


電波利用料 いくら?

業務用無線電波利用料(令和元年10月1日改定)種類料金(年額)※非課税簡易無線登録局包括登録の場合400円/局個別登録の場合400円/局デジタルMCA無線170円/局一般業務用無線機400円/局他 1 行•2021/09/28電波利用料について詳しく解説! | 株式会社システム情報企画


電波利用料 いつから?

A1:電波利用料制度は、平成5年4月1日から施行され、電波法第103条の2第1項の規定により、無線局の免許等を受けている方々に、より円滑に電波を利用していただくために無線局全体のための共益的な行政経費を負担していただく制度です。電波利用料に関すること - 信越総合通信局 - 総務省


電波利用料 いつ払う?

Q2. 電波利用料はいつ払えばいいのか 電波利用料は、無線局の免許の日、その翌年以降は、その免許の日に応当する日から始まる各1年分を納付していただくことになります。 例えば、無線局の免許の日が令和元年6月1日の場合は、毎年6月1日が応当する日となります。 これを「応当日」と言います。電波利用料Q&A - 九州総合通信局 - 総務省


電波利用料 何日以内?

電波利用料の納付期限は納入告知書(納付書)の表面に記載されておりますので、ご確認の上、期限までに納付をお願いします。 アマチュア局等の一般的な個別免許局の場合は、無線局の免許の日(その後毎年その免許の日に応当する日)から30日が納付期限となります。電波利用料の納付に関するFAQ