deホワイトページ電話帳

電話帳どこでもらえますか?

ベストアンサーに選ばれた回答 NTTに電話すれば、送ってくれますよ。 もしくはもらいに行けばいいと思います。 冊数が多い場合は幾らか払えば買えます。電話帳やタウンページってどこでもらえるのでしょうか?


電話帳 いつから無くなった?

日本で初めて電話帳が発行されたのは1890年以来、130年の歴史に幕を閉じることになる。 スマートフォンやSNSの普及で役割を終えたと言えばそれまでだが、ネット上では「お疲れさま」と惜しむ声があふれている。2020/06/20懐かしの電話帳「ハローページ」廃止を惜しむ声 今だとヤバい ...


ハローページ いくら?

Q「タウンページ」「ハローページ」への掲載料金はいくらかかるのでしょうか? 「タウンページ」「ハローページ」共に1件目の掲載は無料です。 2件目以上の掲載は電話帳発行毎(通常1年毎)に1件550円(税込み)です。 ※電話帳は通常1年ごとに発行されます。「タウンページ」「ハローページ」への掲載料金はいくらかかるのでしょ ...


ハローページ いつから?

1890年(明治23年)10月9日に「電話加入者人名表」と名付けて電話番号と加入者氏名を掲載して初めて配布されて以来、印刷配布物としての131年間の役目を終えることになる。ハローページ - Wikipedia


ハローページ いつまで?

「ハローページ」の発行を2023年2月までに終えると、NTT東日本とNTT西日本が18日に発表した。 個人宅の連絡先を載せた電話帳の歴史は、130年余りで幕を下ろす。 携帯電話の普及や個人情報保護の意識の高まりで、部数が減っていた。2020/06/19ハローページ終了へ 個人電話帳、130余年で幕 - 朝日新聞デジタル


電話帳 いつから?

日本で初めて電話帳が発行されたのは明治23年(1890年)。 「電話加入者人名表」という、197名の電話番号と名前が縦書きで掲載されたたった1枚の紙だった。電話帳 - Wikipedia


電話帳 何年?

全国約900地域ごとに2021年10月~2023年2月に発行する最終版をもって、人名別電話帳の133年の歴史に幕を閉じる。 同電話帳は1890年の「電話加入者人名表」に端を発する。 1951年に人名別と職業別に分かれ、1983年に人名別はハローページに、職業別は「タウンページ」にそれぞれ改称した。2020/06/18「ハローページ」が発行終了へ、人名別電話帳133年の歴史に幕


電話 日本 いつから?

電話機は1933年(昭和8年)に、郵便や通信を管轄していた逓信省(ていしんしょう)によって日本国内で制式化・提供開始された。2019/10/23日本で電話が生まれて150年 黒電話や公衆電話など『電話の歴史』を ...


タウンページ 何年?

なお、タウンページという愛称は1983年に公募により決定された名称である。 当時は日本電信電話公社が発行元であり、タウンページの愛称を使用した職業別電話帳が最初に発行されたのは1984年であった。タウンページ - Wikipedia