ラップトップウィンドウでcpuをダウンクロックする方法10

CPUの温度は何度まで?

Intel社の公式見解では、CPUが稼働できる熱の限界は「100度」とされています。 しかしこれはあくまでも「動作する」というレベルで、安全に使える温度ではありません。 では安全な温度は何度かというと「60度から80度」が一般的です。 自作歴の長いベテランの間では、最高でも60度前後を目指すことが多いようですね。2018/07/18CPUの温度は何度まで安全なのか? | BTOマニア


サーマルスロットリング いつから?

サーマルスロットリングが起こるのは一般にCPUやGPUの温度が100度前後まで達したときで、ヒートシンクやファンによる冷却が十分に行われていれば、通常はそこまで高温になることはない。 サーマルスロットリングが頻繁に起こる場合は冷却システムを見直す必要がある。サーマルスロットリング とは? | フリーソフトラボ.com


オーバークロックするとどうなる?

CPUやグラボの寿命が縮まる 通常の枠を超えたパフォーマンスを発揮するため、オーバークロックを行ったCPUやGPUの寿命は短くなる。 不具合の原因になりやすく、故障もしやすくなる。 これがオーバークロックの最大のデメリットだ。2021/09/13オーバークロックとはCPUの性能を極限まで高めることだ


オーバークロック なんのため?

オーバークロック (Overclocking) とは、クロック同期設計の機器の動作クロックの周波数を定格の最高を上回る周波数にすること。 主にパーソナルコンピュータで行われる。 ここではそれについて説明する。 消費電力や発熱の増加、信頼性・安定性の低下のリスクがあるが、それでもより高い処理能力を得るために行われる。オーバークロック - Wikipedia


清水貴裕 何者?

清水貴裕氏のプロフィール パソコンの速さを競う競技“オーバークロック”の世界大会に日本代表として7回出場。 競技だけでなく、製品プロデュースやイベント登壇、各媒体での記事執筆からYouTubeチャンネルでの情報発信まで幅広く活躍中。2020/11/06MSI、7度の日本代表経験を持つ世界的なオーバークロッカー清水貴裕氏と